盛岡市で外壁リフォームを一番安くするにはこちらがおすすめ

 

盛岡市で外壁リフォームを安くするにはどうしたらよいか業者選びは困難です。

 

1社の工務店や塗装業者では相場も値段もわかりません

 

そこでおすすめは外壁リフォーム無料一括見積の利用をおすすめします。

 

 

 

外壁リフォームの見積もりするなら一括見積もりがおすすめ

今マイホームをお持ちの方やこれから購入しようと思っている方は家の外壁をどのようにメンテナンスしていくか考えていく必要があります。

 

外壁は常に雨や水や日光にさらされているので劣化していきます。日光焼けによる塗装禿げで見栄えも悪くなっていきますし、見栄えだけでなく内壁に影響する場合もあります。

 

つまり外壁は建物の寿命を左右する存在で、寿命を縮めるも伸ばすのも外壁の手入れ次第と言えます。

 

そこで定期的な外壁塗装や外壁リフォームを行う人も多いのですが、安い買い物ではないため賢く選択する必要があります。

 

毎回同じ業者になんとなくお願いしたという方がほとんどかと思いますが、そんな方にお勧めしたいのがWEB上での外壁リフォーム業者の一括見積りです。

 

WEB上で情報を入力するだけで、サイトに登録された全国都道府県各地外壁塗装の業者から、それぞれの見積もりが受けられるというものです。

 

外壁リフォームは品質と値段がイコールというわけではなく、うまく探せば安くて高品質の業者を見つけることが出来ます。

 

またサイトに登録されている外壁リフォームを行う業者はサイトに登録する際に厳しい審査を通った業者のみですので、安いだけの粗悪な業者はいないので安心して利用することが出来ます。

 

盛岡市,外壁リフォーム,安く盛岡市外壁リフォームを安くするには↓↓

 

盛岡市,外壁リフォーム,安く

 

外壁リフォームの塗装の種類

外装塗装に使われている塗料には複数の種類があります。

 

一番よく使われているのはシリコン系塗料です。
価格と耐久性のバランスが良いので、費用対効果が高いです。価格が高いのも困るけど、安い塗料はちょっと…っと言う方には、シリコン系塗料がオススメです。

 

次に人気なのがアクリル系塗料です。価格は安くて魅力的ですが、その分耐久性も低いのでこまめに手入れが必要です。

 

マメに塗り替えをしたい方にはおすすめですが、長い目で見ると何度も塗り替える必要があるのであまり安価とは言えない塗料です。

 

他にもウレタン系塗料は密着性に優れているので塗料がはがれている部分にピンポイントで使うことが出来ます。

 

アクリル系よりか若干値段は上がりますが安価な部類に入るので、予算の都合上少しだけコストを抑えたい場合や、塗料の剥がれが気になる箇所だけ済ませたい方にオススメです。

 

フッ素系塗料というのもあります。価格は高いですが。その分耐久性も高い塗料です。一度塗ればしばらく塗り替えが必要ないので、実際はそこまで高くはないものになります。

 

最近では遮熱系塗料という特殊なモノもあります。

 

その名の通り、熱を遮るので、室外の温度が室内の温度に与える影響を抑えることが出来るので、省エネに繋げることが出来ます。外壁から過ごしやすい家づくりを考えたい方やエコな暮らしに興味がある方から人気です。

 

常に美しい状態をキープしたいという方におすすめなのが光触媒塗料という次世代塗料です。

 

太陽の光で汚れを浮かせ、雨で洗い流す効果を持っているので汚れがつきにくいので常にきれいな外壁をキープ出来ます。

 

また遮熱効果があり空気を浄化する効果もある優れものですが、価格が高いことに加えて認定されている施工業者じゃないと取り扱いが無いのがネックです。

 

業者によっては、こちらから伝えないと勝手に一番安い塗料で塗っていくところもあるので、塗ってほしい塗料がある場合は事前に伝えておくと希望の塗料で塗ってくれることがあります。

 

たいてい低価格を売りにしている業者はそういった傾向があるので、注意が必要です。

外壁リフォームの時期

外装塗装には適した時期というものがある程度決まっています。築年数でいうと新築から10年前後に塗り替えをする家が一番多く、
壁の種類のよっては6年で塗り替えたり、15年目に初めて行うという家もあります。

 

なぜこのようなバラつきが出るのかというと塗料の種類によって大きく変わってくるからです。6年で塗り替えなければいけない場合は
ほとんど安価なアクリル系塗料が使われています。

 

15年塗り替えなくても平気な壁にはシリコン系の塗料が使われている事が多いです。

 

外壁は常に外にさらされているので築5年以上経ってくると、構造的に外壁にヒビが入りやすくなります。

 

少しのヒビであればわざわざ外壁すべてをすり替えなくても、コーキングで補強するだけでも充分なのでそれだけで済ます人もいます。
汚れの場合も同様で築年数的に塗装時期ではあるけれども、汚れが目立っていないので塗装を考えない人もいますし、

 

逆に汚れていなくても塗装時期だからとこまめに塗り替える方もいます。

 

つまり塗装時期というのはある程度スパンは決まっているものの、最終的には個人の考え方によっても変わってきます。

 

耐用年数が10年の塗料を使っていたとして、壁にヒビはないけれど汚れが気になる壁の場合は、汚れさえ気にしなければ、15年持たす事も可能です。

 

実際のところ、塗料の耐用年数は家の状況や作業の念入りさによって大きくかわってきます。

 

築年数や塗料の種類はあくまでも目安として考えればよいでしょう。

 

盛岡市,外壁リフォーム,安く盛岡市外壁リフォームを安くするには↓↓

 

盛岡市,外壁リフォーム,安く

外壁リフォームをdiyでするには

家の外装塗装は業者に頼むのが一般的な方法ですが、DIY塗装方法という方法もあります。
DIYとはDo it yourselfの略で、専門業者ではない人が自身で何かを作ったり修繕したりすることを言います。
つまり塗装を自分自身で行うということです。

 

手間も時間もかかりますが業者に依頼するよりも低価格で済みますし、家に対してさらに愛着もわくことから、自身でされているという方も増えています。

 

実際にどのような手順で行うのか、重要なポイント等をまとめました。
まず初めに塗料選びから始めます。

 

塗料であるペンキは樹脂の種類によって耐久性にかなり差が出るのでペンキ選びは慎重に行います。

 

ちなみに樹脂とは塗膜となる主成分のことで、これによってペンキの種類が決まります。

 

値段が安い順にアクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料・無機塗料という種類になります。

 

価格が高くなれば、それだけ耐久年数も上がっていきますが、それ以外にも各塗料に特性がありますので、値段だけではなく外壁の種類と合わせて検討しましょう。

 

塗装の工程の順序は洗浄→養生→下地処理→下塗り→中塗り→上塗りです。

 

どの程度の時間がかかるかは個人差がありますが早くても大体1カ月はかかります。

 

しかしこれは業者が毎日作業をしたことを想定した場合ですので、DIYでする際は3カ月のスパンで考えておきましょう。

 

外壁リフォームを始める際にまずは洗浄をして壁の汚れをきれいに落とします。そうしないとせっかく塗料を塗ってもすぐにはがれてしまうからです。
次に養生といってマスカーという専用の道具を使って壁や地面などが塗料で汚れるのを防ぎます。

 

下地処理でひび割れなどの劣化した部分をシーリング材で補修し、外壁塗装の下準備が完了です。

 

ここからようやく下塗りをしていきます。下塗りは塗料との密着性を高めるためのものでペンキ剥がれや壁への吸い込み防止をするための工程で、シーラーと呼ばれる専用の接着塗料で塗装します。ローラーで塗っていき細かい箇所やキワの部分は刷毛を使って慎重に塗っていきます。
中塗りは塗装に厚みをつけて膜を作り、耐久性を高めまるための作業で塗り方は下塗りと同じです。

 

最後の仕上げの上塗りは、外観の印象になるので塗り残しやムラが出ないように丁寧に塗っていきます。ここで重要なのは塗り重ね乾燥時間です。

 

乾燥が不十分だときれいに塗れなかったり剥がれやすくなってしますので、塗料の説明書をよく読んで確認してから行います。

 

外壁塗装と言ってもただペンキを塗るだけではなく、多くの工程と時間を経て出来るものです。

 

手間がかかってもいいからコストを抑えたいという方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

盛岡市,外壁リフォーム,安く盛岡市外壁リフォームを安くするには↓↓

 

盛岡市,外壁リフォーム,安く